GSグループ 100人100色ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「デザートはこちらのお席でどうぞ」

<<   作成日時 : 2012/06/07 20:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは
ユウです

先日、国際イメージコンサルタントの先生のもとで
ノンバーバール(非言語コミュニケーション)を学んできました
http://noncommu.tants.biz/

画像


人の第一印象はほんの数秒で判断されます
しかもその判断材料って見かけ(立ち振る舞い)が50%を占めているんです

政治家や婚活、就活生にとっていかに相手にいい印象を与えるかって重要ですよね


私はそんな、言葉以外で相手とコミュニケーションする分野を学んでいるのですが、
御持て成しやホスピタリティーもノンバーバルに関与してきます

私の先生はつい最近までNYに住んでらっしゃいました
しかも、富裕層の顧客が多かったので超一流レストランに何度も行った経験があるそうです


そこで受けたホスピタリティーを伺いましたが、
それがタイトルの台詞

「デザートはこちらのお席でどうぞ」
同じレストランなのに食事する場所とデザートを食べる場所違うんですって
デザートはピアノ伴奏がある、よりゆったりしたスペースでお楽しみ下さいと、
デザートに入るときに席を移動するらしい

あとは、ご一緒の方の服装がレストランにそぐわなかったらそっと
ジャケットを貸して下さるとか…


私も前職では料亭さんにお世話になってお客様の御持て成しをしていましたが、
ここまでは…っと驚きました


海外ではお客様が自分のお店の格にあっているか見分けます
最近は不景気なので観光客もある程度は受け入れてるとのことですが、
日本人観光客が案内されるのはトイレの近くやフロアの隅っこ

そこは人気のない席

ステキなお客様はフロアの目立つところ、
外を歩いている人にも見える窓際に案内されます
ステキなお客様はレストランの質を上げてくれるのでインテリアにしちゃってるんですって


欧米化が急速に進む現代で、
海外でも通用するプロトコールはしっかり身に着けたいですね

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「デザートはこちらのお席でどうぞ」 GSグループ 100人100色ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる